一般社団法人武雄青年会議所
第56代 理事長
深町 恵介

挑戦・奉仕

~未来を描き、明日を創ろう~

所信

はじめに

人は人生の中で、幾つかの転機が訪れます。この転機をどう捉え、どういった行動をとるかによってその後の展開は大きく違ってきます。私自身を振り返ると、その時を前向きに捉え、新しい挑戦をした経験が人生を好転させる転機となっていました。どんな転機も前向きに捉えれば好機となる。反対にいえば、変化を恐れ向き合うことから逃げてしまえば、その転機を活かすことはできません。新たなステージの扉を開き次の一歩を踏み出すためには、その時々に起こった変化を受け入れたうえで、自身の未来を描き、どうすべきかを考え行動することで新しい未来が創られていきます。

我々がやるべきこと

相次ぐ自然災害や新型コロナウイルスによる感染拡大により、我々はこれまで当たり前と感じていたものを問い直す貴重な契機となりました。人々がこれまで経験したことのない社会状況の中で、行動が変容し、価値観までも変えるという社会的転換点に今、私たちは立たされています。この大きな苦難を悲観的に捉えることなく、新しい挑戦をし、意義のある変革につなげなければなりません。今こそメンバーの英知と勇気と情熱を結集させ、閉塞感の漂う世間に風穴を開け、明るい未来への道筋を照らすことが必要です。奇しくも2022年は西九州新幹線が開業します。これは多くのことに影響し変革をもたらすでしょう。だからこそ今までの価値観にとらわれることなく時代に即した運動を展開しながら、このまちに対する地域の人々の関心を呼び起こし、活力としなければなりません。武雄青年会議所は55年間立ち止まることなく、明るい豊かな社会の実現を目指して、様々な苦難を乗り越え、奉仕の精神を持って前へと進み続けてきたのです。

創立55周年を迎えて

 熱い思いを持った志高き青年達によって全国で363番目に設立された武雄JCは2021年、創立55周年を迎えました。まずは、武雄の地にJCの火を灯し、その火を絶やすことなく私たちに受け継いでくださった先輩諸氏に対して、その弛まぬ努力と熱き情熱に敬意を表します。共に歩んできて下さった地域の人々に対し、深く感謝の意を表したうえで、55年間の歴史の重みを受け止めなければなりません。武雄JCがここまで歩み続けることができたのは、多くの人の支えがあったからであります。私たちがこれから更に力強く運動を展開していくには、今まで築き上げてきた関係性をより強固にし、新しいパートナーシップの構築を行うことが重要であります。半世紀以上にわたり築き上げられてきた歴史と文化は私たちにとって、かけがえのない財産であり、揺るぎない誇りであります。今後武雄JCを更に発展させていく為にも歴史を紐解き、理解を深めたうえでこれからの展望を見定め、地域社会に貢献していく必要があります。創立50周年時に策定された50周年テーマに「変革〜明日への歩み〜」とあります。この5年間を振り返り検証したうえで、私たちの進むべき方向性を明確にし、今後更なる歴史を紡いでいくためのターニングポイントと位置づけております。単年度制の活動を行う私たちが、LOMとして目指す将来ビジョンを明確にする意味は、今行うべきことを把握し、将来にわたり一貫した運動を推進することができるからです。5年後10年後の武雄市が活力あふれるまちとなる未来を描けるよう、奉仕の精神を持って新たな一歩を踏み出します。

このまちのリーダーとして

私たちの運動は、到底一人の力で展開することができません。組織としての役割をメンバー一人ひとりが理解し機能してこそはじめて力が発揮できます。組織の力を最大限に発揮するためには、場面に応じてリーダーシップを発揮する者と、それに対しフォロワーシップを発揮する者がいる組織にならなければならないと私は考えています。したがって、このまちのリーダーを目指す私たちは、同時にフォロワーシップの概念を学ばなければ真のリーダーにはなれないと考えます。フォロワーシップとは、決して上からの指示を待つだけでなく、組織に対して自律的かつ主体的に行動することであります。私たちがJCにおいて活動する際にも役職や入会歴の長さは関係なく、それぞれの立場でやるべきことに能動的に取り組んでほしいのです。組織の目的のために自分がどうすれば効果的に作用するのかを理解して行動できる力が備われば、個人の能力の向上とともに組織全体の底上げにつながると考えます。私自身、JCに入会しその年度毎の役職を担い、経験を重ねていく中で、他者の視点に立ち相手の立場を思い自ら率先して行動を起こしてきました。そうすることで相手からも最大限のフォローを得ることができ、一人では到底成しえない事業を達成することにつながったのです。JCでは単年度制を用いておりその特色は色々挙げられます。私が考える利点は、かつて自分が経験した役職に仲間が就いたときにフォローすることができるということです。かつての自身の姿を他者に重ね合わせた時に、必ず自身の成長が実感でき、そして相手の成長を願うことができるからです。己の利益に囚われているリーダーに人々はついてきません。仲間のためにと純粋に想い行動する姿勢が大切なのです。そのために私たちは目的に向かって切磋琢磨し互いを思いやり、助け合って活動を行っていくことが必要であります。自分のためにと入会し活動に励む中で、仲間を想う気持ちと行動が生まれ、それが自分に巡り返ってくる。仲間と知恵を出し合いひたむきに活動に取り組み続けることで、その想いは見返りを求めることのないまちに対する奉仕の想いへと発展します。これがJC運動から学んだことであります。JCは待っていても何も得ることはできません。まずはメンバー全員でJCの舞台に立ち 共演しようではありませんか。相手のことを思い行動できる力は、自分だけの視点に留まらない多角的な視点を生み出します。自分自身の、仲間の、そしてまちの未来を見据えて、新しい時代を切り拓いていきましょう。行動することで新しい未来が創られていくのです。

時代に即した組織として

2021年度においても私たち武雄JCは、従来通りの活動や運動発信が困難でありました。そんな中WEB を利用しての活動を積極的に行いました。活用を推進したオンラインのメリットを十分に感じた一方で、デメリットがあることも痛感しました。ただ一つ確かなことは、これまでにはなかった新しい組織運営の手法を手にすることができたことであります。これは今までの手法に対しても更なる可能性を生み出すことにつながるはずであり、そのためにも私たちはあらゆる方法を模索し挑戦していかなければなりません。既存のものを見つめ直し、過去の様々な手法のメリットデメリットを今一度考え、必要ならば勇気をもって手法を変えてみる。未来を描き、今あることにとらわれることなく、これからの時代に即した組織運営を進める事が、私たちJCの存在価値を高めることにつながります。

むすびに

40歳までの限られた時間の中で過ごす青年会議所において、一番の失敗は「挑戦しないこと」です。挑戦を続けていく中では、初めて取り組むことも多くあるでしょう。うまくいかないこともあるでしょう。時に、歯を食いしばりながら活動をしなければならない場面もあるでしょう。しかし、失敗を恐れず大いに挑戦しましょう。失敗の中から学ぶことが一つでもあれば、その学びを次に活かすことができれば、それはもう失敗ではありません。小さくてもかまいません。成功したという経験を積み上げていきましょう。愛するまちの未来を描き、明日を創ろう。

基本方針

~全員で取り組む会員拡大~

ここ数年武雄JCではメンバーの減少が顕著であります。「数は力なり」と言われるように、明るい豊かな社会の実現を目指したJC運動を幅広く波及させていくためには一人でも多くのメンバー、同じ志を持って活動してくれる沢山の仲間たちが必要不可欠です。より多くの青年が同じ志を持ち、完成と価値観をぶつけ合うことで新たな発想を生み出し提言していくことも、未来を創るためには必要であります。また、40歳定年制や単年度制といったJCにしかない制度によるメリットを最大限に活かすためにも新しい仲間は必要不可欠です。組織を弱体化させないためにも、活動自体の規模を縮小させないためにも、しっかりと拡大活動を行っていかなければなりません。

~未来を描く青少年育成~

私たちの幼少期に比べスマートフォンの普及、ネット依存が進むなど子どもたちを取り巻く環境は著しく変化しています。便利になる反面、人と人が直接向き合い、触れ合う事が減少していく事で子どもたちのコミュニケーション能力の低下を加速させていると感じます。今、我々に求められている事は子どもたちと一緒に学び運動する機会を創出する事です。時代や環境が変化しても人と人との繋がりの大切さや相手を思いやる気持ち、感謝する気持ちなどは今も変わらず未来を担う子どもたちに必要です。また、私たち大人も子どもたちと一緒に様々な実体験を通し訪れる困難や課題を最後まで諦めず乗り越えていく事で、一人では出来ない事も助け合い支え合いながら目標を達成し、お互いが人という存在の大きさに気づき相手を理解し思いやれる利他の精神を学びます。いつの時代においても子どもは地域の宝です。私たちは子供たちの笑顔に癒され元気な姿に力をもらって生きています。子どもは大人の背中を見て育ちます。ひとづくりとは青年経済人であると同時に子育て世代である私たち大人が、責任を自覚し、尊敬される「ひと」になる事から始まると考えます。

~地域連携による協働のまちづくり~

2022年秋には新幹線西九州ルートが暫定開業します。武雄は西九州エリアの中央に位置することから玄関口としての存在感が高まっています。その強みを生かし観光はもちろん、企業誘致、移住支援等様々なことが考えられています。まちは生産性があがれば所得、収入が増加し経済圏として魅力あるものとなります。しかし、雇用環境や教育環境が悪ければ人は留まりません。50周年の提言でもあります「武雄に集まり」・「武雄に留まる」まちづくりを行うためには、地域に住み暮らす人々がより良い暮らしを実現する仕掛けや仕組み作りを行い、その地域が抱えている問題に対して行動を起こさなければなりません。そのためにも市民と一体となってまちのビジョンをより明確にし、未来を描くことで持続的な繁栄に貢献します。

~効果的な会議の探求~

我々の事業、運動の原点は、会議です。青年会議所という名の通り、これまで我々は徹底して会議の質を追求し、運営を行ってきました。事前準備に始まり、期限を厳守した議案の提出により、意見の飛び交う場を設えることで、会議の質が上がります。また、我々は公益的な目的を持って活動する団体であることから、コンプライアンスの徹底された、社会的信用のある団体として活動していくことが求められます。最近では新型コロナウイルス感染拡大の中、我々は、WEB会議というツールを手にすることができました。初めて取り組む中でも、様々な意見を出し、挑戦することでWEB会議の質も確実に上がってきています。一方で、対面会議の重要性を再認識できたことも事実です。緊張感を持ちながら、面と向かって、意見を交わすことで、質問する力や答弁する力が劇的に身に付いていくことも、青年会議所での成長の1つです。我々が、より力強く運動を推進するために、時代の流れや外的要因の変化に強い柔軟かつ効果的な会議システムを常に模索し続け、質は決して落とすことなく、確実な会議、組織運営をし、我々の英知を結集して運動を展開できる土壌を築いていきます。

~戦略を持った広報活動~

我々は、この地域が少しでも良くなるようにと、メンバー同士様々な意見を交わし、多くの時間をかけ事業を構築しております。どんなに素晴らしい活動であっても、それが伝わらないことには他者を巻き込み、運動へと繋げていくことはできません。明るい豊かな社会の実現に向けて活動していくためには、我々の活動が広く地域に伝わり、その効果が波及していくよう発信しなければなりません。様々な情報が溢れている現在においては、「どうしたら届けたい対象へと情報を伝えられるか」を考えながら広報活動を行っていく必要があります。武雄JCやこの地域の魅力を伝えるための方法を考え抜き、それを試し、検証することで、より効果的な情報発信の方法を構築し、地域の内外から共感を得る広報手段を確立します。